脱原発と感動

ニュースによると、停止していた大飯原子力発電所が、再稼働するらしい。

日本にある原子力発電所が、すべて停止していたのに、その状況は束の間、ということらしい。

「安全だから、いいでしょ」

というのが再稼働の理由らしい。

または、「だって必要なんだもん」という理由もあるらしいが、

それは、節電で対処可能かもしれないし、大丈夫という話もある。

ところで、電気はないと困る。

それは、本当にとっても困る。

コンピューターも使えない、程よい温度でシャワーも浴びられない、

洗濯も炊事もできない。いや、原理的には出来るかもしれないけれど、私は、実質できない。本当の本当に困るのだけれど、それでも、原発は嫌なのよ。

「安全ですから」って言われても、「だって嫌なんですもの」という意見があるけれど、どうして後者は尊重されないのだろうか?

科学的でないから?感情的だから?

感情がもっと尊重されてもいいのじゃないかしら。

ところで、現状のまま、脱原発しても意味ないのかな、という気もする。

現状のまま、というのは、きちんとした議論と覚悟がないまま、という意味で、覚悟というのは、将来いろいろなシナリオが考えられるだろうけれど、

以下のようなシナリオは最悪ではないかと思う。

まず、脱原発する。しかし、節電しかせず、結局、電気が足りなくなる。しかし、国内で脱原発しているので、もう原子力発電所を建てる技術がなく、海外から買うことに、、しかしながら、そのときべらぼうな値段を要求され、さらに、安全性の判断を国内で出来なくなっている。

これは、最悪なシナリオで、中途半端に脱原発してみたけれど、結局、エネルギーが必要になり、核技術に頼る、というシナリオ。

やめるならば、きっぱりとやめないといけない。やめるけれど、技術を継承する仕組みも考えないといけない。

そして変わりのエネルギー開発を「絶対に」しないといけない。いや、もうすでに、あるのかもしれないけれど、ガスだとか、地熱だとか。。。

とにかく、一番最悪なシナリオは、やめてみたけれど、やっぱり、やめない。というのが最悪だと思う。

それよりは、ダラダラと、覚悟が決められるまでは脱原発しない、というのが、大人の選択なのだろうか?

「安全だから」とか「便利だから」とか「科学的だから」とか、そういうことで、構成される世界っていうのは、幸せな世界なのだろうか?

「だって、これがいいんだもん」、というのがあるから、人は不確定でもがんばれるし、感動できるのでないかな。

人が感動する価値、っていうのを尊重すると、脱原発になると思うの。

「こんな地震国なのに、原発を安全に運用できてすごーい」という感動の可能性もあったのだろうけれど、事故があったし、もうそういう感動はない。

「人が感動する価値」を尊重すると、それは節電とは反対の性質となる。芸術だったり、研究だったり、スカイツリーだったり、はやぶさだったり、おいしい料理だったり、人が感動するには、その背景で、より多くのエネルギーを使うようにみえる。それでも、「感動」にはその価値があると私は思う。

脱原発できない場合、「事故にあい放射能まみれになる」というリスクがあるのだろうけれど、それでも、ドンマイって思える感動を作ることができるのだろうか?

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

脱原発と感動 への1件のフィードバック

  1. hiro より:

    以前読んだ「天使の子。」の方に書き込みしようと思ってアクセスしようと思ったのだけれど、「原発」という懐かしい言葉に魅かれてこちらの方に書くことにしました。
    miho さんのページを見つけた時のテーマが、やはり「原発」でした。あれからもう1年以上たつのですね。ちなみに、福島原発の時までは原発推進派だった Frank Shu は、今は別のエネルギーの研究をしています。優秀な人はやはり、先を読んで仕事をするということでしょうか。もっとも、今原発を稼働させるか、稼働させないかという現実問題にかかわらなければならない人たちから見れば、優雅すぎる話なのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中