日食豆知識

日食に関して、ちょっと調べてみたら、日食というのは意外(?)と、奥が深いものであることがわかった。

空を見上げると、月と太陽はだいたい同じ大きさにみえる。

これが金環日食(annular solar eclipse)がおこるメカニズムだけれども、それならば、なぜしょっちゅう起こらないの?という疑問にもなる。

豆知識1:月の軌道面のずれ。

それは、月の軌道が太陽と地球の公転面から5度ずれているため、しょっちゅうはおこらない。

豆知識2:日食と日食の間隔には、規則がある。

それは、1, 5, 6 lunation (=約29.5日、新月から新月の時間)

日食がおこると、次の日食は約1ヶ月後か、約5ヶ月後か、約6ヶ月後となる。

5月21日前後の日食は、前が、2011年11月25日で、次は、2012年11月13日となる。間隔は、両方とも約6ヶ月。

豆知識3:日食には種類がある。

部分日食 (partial solar eclipse) 35.3 %

金環日食 (annular solar eclipse) 33.2 %

全日食 (total solar eclipse) 26.7%

混合がた (hybrid または、annular and total solar eclipse) 4.8 %

豆知識4:5000年分の日食計算カタログがある。

上の統計は、それから求められたもの。

豆知識5:日食の継続時間は、0~12分

5月21日の日食では、5分。

5000年カタログ内の最長継続時間は、12分23秒。

西暦150年12月7日なので、もう終わっている。

 

以上、豆知識は、以下のページから紹介しました。

http://eclipse.gsfc.nasa.gov/eclipse.htm

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中