宇宙開発と宇宙天気

友人が研究に関連して、新聞の記者に言ったひとことが新聞に載ったらしい。

その内容というのが、「この研究結果で、宇宙天気に貢献したい」という内容を話したら、記事では、「この研究結果で、宇宙開発に貢献したい」と書いてあったそう。

単に聞き間違いが、宇宙天気って一般の言葉ではないから、わかりやすい言葉にしたい、ということなのか、または、宇宙開発を推進したいという気持ちが一般の人にあるだろうという予想なのか、はよくわからない。

 

宇宙開発をするならば、宇宙天気は必要そうな雰囲気がある。

だけれど、宇宙開発をしなくても、地球環境を理解する一部として宇宙天気が必要だろうと考えられている。

最近では、人間の健康にも関連しているかも!と指摘する論文がでている。これは、地球周りの宇宙天気が荒れたときにでる波動の周期と人間のバイオリズムが同じ周期のため、影響を受けるのでは?ということだった。。たしか。

しかし、基本的には危険なものとう証拠はない(私も考えていない)

先週、宇宙天気のわかりやすい擾乱があった。

http://www.nasa.gov/mission_pages/sunearth/news/News012312-M8.7.html

太陽は荒れた(この強さは確か8年ぶりとも最大とも)けれど、地球への影響はそれほどでもなかった。

宇宙天気は必要、と言っても、必要性で勝負すると、気象や地震とか火山とかにボロ負けして勝負にならないかもしれないけれど。

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中