不自然なヤシの木

ハワイのリゾートで学会だった。

リゾートといっても、すこし寂れているリゾートだった。

植えてあるヤシの木らしきが、まっすぐ生えていない。

不自然で見苦しい。

おそらく、中途半端な大きさのときに、植え替えられたのでないかと思う。

レストランの店主がいうには、

「この島は貧しい、つい最近、この島のパイナップル工場がなくなった、フィリピンに勝てない」

と言っていた。

ホテルの食事もいまいちであった、

家に帰って来て、コーヒーを飲むとほっとした。近所のスーパーで一袋6ドルのコーヒーを自分でいれるほうがおいしい。

コーヒーが名産なくせに、コーヒーにも不自由するリゾート地なんかいらない、

食事がいまいちなのも(そうはいっても、東海岸ほどではないか)、そもそも貧しいところだからだろうか、

たとえば、パイナップル缶詰工場があれば、

「私は、料理をつくるより、工場働きが向いている」

という人は、料理を作らないだろう、

お土産やさんの工芸品をみても、レベルが低くてまったく感動できない、

「日本の工芸品をなめるなよ」と思ってしまう。

別に私がつくっているわけではありませんが、、、

「日本の工芸品をみたことある日本人をなめるなよ」

といったところか、、

観光地=産業、ではないのではないだろうか?

産業(パイナップル工場)がないと、観光地としてのレベルも下がり、そちらも成り立たなくなるのでは?

次、仕事以外でいくときは、火山を見たいけれど、それ以外は行きたくないかな。

空港へ帰るシャトルで、

「この島の大きな建造物である、ウォルマート(アメリカならどこにでもあるスーパー)」

とウォルマートを通るときに言っていた。

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中