研究は進まないけれど理解は進んだ、、、はず!

年末、年始は、慌ただしく日本へ帰省した。

一日も無駄にすることなく、過ごした、という達成感がある。

アメリカにもどってきて、すこしメールみたり事務関係をやりつつ、

やっと研究がスタート。来週は、ハワイで学会なので研究よりその準備もあるのだけれど、少し気になっていたことがあるので研究を再開。

年末に、

「大したことではないけれど、これ間違ってるよ」

とある先生から指摘を受けた問題について、考えていた。

この先生は、この分野では権威な大先生(らしい、私にはわからないけれど崇拝者がいっぱいいて、この先生は怖くないけれど、崇拝者は怖い)。この指摘メールが贈られて来たのは、クリスマスのイブだった。正しい式の導出も書いてあった。ご丁寧でありがたいことです。こういうお人柄が信用されているのでしょうね。

大したことではなくても、これを思いついたときは、なんともいえない爽快感をもって、ああ楽しい、私ってあったまいい、とご機嫌で研究していたのに、残念なことだ。。。さあ、気を取り直して、修正、解析しなおそうかと思い、

今日みなおしたら、結局、間違ってはいないことがわかった。

別に、大先生のほうの式の導出が間違ってたわけでもない。

その先生と私が使っている定義が違うことが原因なのだった。

どちらも定義を数式で明示している場合、すぐ原因と差がどこにあるのかわかる。これが数式でなくて言葉であると、ああでもないこうでもないと厄介なのだけれど、

研究は進んだ気がしないけれど、理解が進んだ一日だった。

広告
カテゴリー: 研究日記と予定 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中