アパート契約

今日は、アパート契約。
待機リストに人がたくさんいる人気のアパートを借りることができた。
ちょうど、空ができたところに、私がメールで、空はないですか?と聞いたから、
手付金を一番にはらったものが、待機リストの順番に関係なく、契約できる、ということで
契約できた。
向こうがペンキを塗り替えて、清掃を終えて、そして部屋をかりることができる。
なので、すぐにははいれないものらしい。
ペンキなんか、どうでもいいですけど、
と言ったら法律だから、ということです。
 
支払いは、小切手またはその代用品で現金は使えない。
アメリカではほとんどの高額取引は、小切手。
クレジットカードだと手数料がかかるので、
良心的なところでは小切手。
しかし、住所がない私は、銀行口座を開くことができず、個人小切手もない。
だから、現金ではだめですか?
と聞いたら、
「前は、良かったのだけれど、社員が盗んでからはだめになった」
とのこと。
だから、現金だめなのね。
しょうがないので、郵便局へいって、小切手のようなものをつくってもらう(Money Orderという)。
これは、手数料が数ドルかかる。
一枚あたりの最高額は、1000ドル。なのでこれをこえると2枚以上になる。
 
広告
カテゴリー: 東海岸ポスドク パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中