台湾でアメリカビザ申請

 
台湾でアメリカ行きのためのビザ申請をした。
2-3日以内には、ビザが貼られたパスポートが返ってくる(はず)。
 
台湾とアメリカは正式な国交がないので、大使館はなく、
かわりに、AIT(ameriman institute in taiwan)がある。
実質は、大使館だけれど。
 
事前にインターネットで書類記入して、
必要書類全部もって、
朝8時半のインタビュー。
 
だから、8時にいったのに、建物の前は長者の列。
しかも、8時の人が先なので、8時半の人は、並ぶこともできない。
 
8時半は、行列に並べる時間なのだと判明した。
遅刻しないようにいった私が馬鹿みたいじゃん、と思ったけれど、
そういう人はいっぱいいた。
 
肝心のインタビューは、
インタビュワー:「台湾で何してるの?」
私:「研究です」
インタビュワー:「アメリカで何するの?」
私:「研究です」

インタビュワー:「じゃあ、パスポート受け取り手続きして」

で、終りだった。

なんか、意味あるのかしら、このインタビュー?

AITをでたのは9時半だった。

無事、ビザが取れたことを確認したら、残りの書類をすべて雇い主に提出し、

向こうに行く日にちと方法などを向こうと相談したのち、チケットなどを手配する。

雇い主が引越し代を払ってくれるため、引越しをどうするか、到着までの方法、到着後のホテルやレンタカーなど向こうに、

返金可能な内容なのか、確認のため、これについても書類がある。

 

 

 

 

 
 
広告
カテゴリー: 台湾ポスドク生活 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中