改訂箇所は赤字にする

 
今、改訂中の論文のジャーナル(GRL)では、
改訂した場所をすべて、赤字やハイライトで、表示しないといけない。
それだけ、改訂箇所が少なくなければいけない。
 
latexで赤字は、
 
usepackage{color}
 
とプリアンブルに書いて、
 
赤字にしたいところを、
textcolor{red}{改訂箇所}
 
とする。
 
これとは、別に、赤字にしていない普通の原稿もおくるので2種類つくらないといけない。
 
改訂した結果、長さオーバーになると受理してもらえないので、
長さチェックも注意しないといけない。
 
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中