カカネバナラナイトキ

論文など文章を書かねばならないとき、
きまって、
いろいろと他のことを始める。
特に、だいたい、あれとこれを書いたら、おわり(なはず)。
という時は、
書き始める前に、一日、二日、他のことで埋めてしまう。

書き始める前の必要不可欠な儀式なのか、
現実逃避なのかはわからない。

あれこれやること:
(1)関係ありそうな本を読む。
情報のインプットという理由づけが可能。
あと英語でカカネバの場合、英語のインプットもいるような気がする。
(1日2日で足りるのか?は疑問だけど)
このときは、いつもより、真面目に読む。
ので、よく読みながら勉強するのもこの時な気がする。
(2)関係ない本を読む。
ギリギリ関係ありそうな本だと、文庫本などの「思考の整理法」。
今更、整理している場合でなかったりするけれど。
しかし、大概は、まったく関係ない本を一日かけて読んだりする。
きのうは、齊藤美奈子の「誤読日記」といういろいろな本(芸能人が書いた本とか)の書評集をよんだり。
実際は、書評というより、辛口なつっこみを楽しむ本。
(3)ワインを飲む。
現実逃避以外の何者でもありません。たぶん。
(4)プール+温泉
リフレッシュ?(まだ、書いてないのに!)
(5)部屋の掃除と洗濯など

こうして、やることがなくなって、やっと書く気になる。
めでたし、めでたし。

この書く気がいつまで(何時間)続くのか、という次の課題があったな。

広告
カテゴリー: 研究日記と予定 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中