キリが良いと気分いい

今日は、書いていた論文の2つのうち一つを共著へ送った。
今日どれだけ働いたか、と定量化できない問題だけれど、
キリがいいところへいくと、
すごく働いたような気がする。
反対に、キリが悪いと(いつもはそうなのだけれど)
何も進まなかったような気になり自己嫌悪となる。。。

一年間に何本も論文を書く人は、
こういった区切りの付け方が上手なのかな。。。

広告
カテゴリー: 研究日記と予定 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中